浮気調査の研究サイト、浮気調査ラボ
このサイトでは、浮気調査の研究結果をレポートします。

その1:対象者の素行を調査する

街中で時々見かける探偵の広告。その広告の内容をまじまじと見てみると、ほとんどの場合浮気調査や人探しに関するものが多いですよね。例えば、結婚相手の浮気の調査や従業員の素行を調査すること。
探偵の調査の基本は、調査対象者の行動を調査する素行調査が基本になります。浮気調査とは、依頼を受けて調査対象者の素行の調査を行うことから浮気の事実が判明した場合、素行調査に浮気の証拠を取得することがプラスαされることになります。

浮気で離婚を考えている、浮気の事実から、慰謝料の請求を考えている場合、浮気の証拠取得は1回の浮気現場の証拠取得だけでなく、浮気の継続性を証明するために、日にちを変えて数回の浮気の証拠取得が有効とされています。

その2:浮気調査はバレないことが鉄則

浮気調査に求められるものは、調査を行っていることがバレないこと。一度バレてしまうと、いくら浮気の事実があったとしても、証拠の取得が難しくなり、下手をすれば二度と調査を行うことができなくなります。

調査がばれてしまう原因の一つに、依頼者自身が調査していることを対象者ににおわしてしまうことがあるようです。
証拠の取得が難しくなれば、その分調査費用がかさんだり、調査後の計画に変更が生じることもあります。くれぐれも、調査について自分から漏らさないようにしましょう。

その3 : 行動パターンは依頼の前に把握

調査対象者の日々の行動パターンは、依頼の前に把握しておくことが大事。パターンを知ってくことで、浮気のしそうな日をあぶり出すことが可能です。依頼の際、この怪しい日から調査予定を入れてもらうことで、調査費用を抑えることができます。
 






役立つリンク情報
Story of ensemble basic
様々なアンサンブルを紹介しています。アンサンブルと聞いて思いつくものとはなんでしょう。

浮気調査ラボAll Rights Reserved.